明治学院バッハ・アカデミー Bach Akademie Meiji Gakuin Tokyo

明治学院バッハ・アカデミー Bach Akademie Meiji Gakuin Tokyo

明治学院バッハ・アカデミー維持会へのお誘い

明治学院バッハ・アカデミーは、バッハ《ロ短調ミサ》《マタイ受難曲》演奏会、ベートーヴェン《ミサ・ソレムニス》演奏会や,以下のバッハの教会カンタータ演奏会など、意義のある演奏会を継続的に開催していきたいと考えております。継続的な活動のためには安定的な財政基盤も必要となり、広くご支援頂ける方を募って維持会として運営しております。この機会に皆様もぜひご参加いただけますようお願いいたします。詳細は維持会のページへどうぞ。

「バッハの人生 その音楽とよろこび」講演会のお知らせ(終了しました)


本講演は、盛会のうちに終了しました。ご来場ありがとうございました。


(ご案内)
2018年10月10日(水)18:45より、聖イグナチオ教会主聖堂にて、樋口先生の講演会「バッハの人生 その音楽とよろこび」が開かれます。
講演では、バッハの人生をたどりながら主要な作品の紹介と解説が予定されていますが、その途中で聖イグナチオ教会オルガニストの浅井先生によるコラール前奏曲と、明治学院バッハ・アカデミー合唱団による賛美歌、およびバッハのモテットを演奏することになりました。
コラールは、バッハの編曲による4声体に日本語の歌詞を付けた「賛美歌第二編」からの二曲と、ちょうど去年10月の本郷中央教会のイベント同様それと同じコラールをオルガン前奏曲としてバッハが編曲したものを対にして聞いていただきます。バッハの人生において重要な意味を持つルター派のコラールへの理解と興味が増してくるものと思います。
モテットは、「その音楽とよろこび」のタイトルの通り、とても明るく喜ばしい曲調です。11月の学内行事のために練習してきたものですが、今回ちょうど良い機会ということで予定より一月早いお披露目となります。
平日の夕方ではありますが、アクセスの良いところですし参加費も無料ですので、皆様どうぞお越しください。

  • 日時: 2018年10月10日(土) 18:45-20:30
  • 会場: 聖イグナチオ教会主聖堂
  • 講演・指揮: 樋口 隆一
  • 曲目: 
    ・讃美歌第二編100番「主は死につながれ」
    ・J.S.バッハ/『オルガン小曲集』より 「キリストは死の絆につきたまえり BWV625
    ・讃美歌第二編96番「いまこそ来ませ」
    ・J.S.バッハ/『18コラール』より 「いざ来たれ、異邦人の救い主よ」 BWV659
    ・J.S.バッハ/モテット「すべての異教徒よ、主を誉めまつれ」BWV230
  • オルガン: 浅井寛子
  • 合唱: 明治学院バッハ・アカデミー合唱団
  • 入場無料
  • 最寄り駅:  JR中央線(麹町出口)/東京メトロ 丸の内線・南北線(赤坂出口) 四ツ谷駅下車(徒歩1分 上智大学手前)

  • フォーレ「レクイエム」演奏会 ライブCD発売のお知らせ

    明治学院バッハ・アカデミーの演奏会が、またライヴ録音CDとして発売されました。
    サントリーホールで行われた演奏会(2016年6月21日)は、レクイエムの他にプーランクの《オルガン、ティンパニと弦楽合奏のための協奏曲》、モーツァルト《ハフナー交響曲》《ミサ曲変ロ長調》、フランクの《コラール第3番》という、さながらパリの大聖堂での演奏会を思わせる意欲的なプログラムが組まれました。当日の演奏も、ソリストの名唱やオルガン・オーケストラの名演に支えられ大変なご好評をいただきました。
    このCDは、当日の録音からフォーレの《レクイエム》を選んで発売いたしました。大合唱・大オーケストラの演奏とはひと味違った、フランスの宗教音楽の伝統に則った繊細で引き締まった演奏をぜひお楽しみください。
    フォーレ「レクイエム」演奏会
  • ガブリエル・フォーレ作曲 レクイエム ニ短調 作品48
  • 2017年2月22日 EXTONレーベルより発売
  • 指揮   樋口隆一
  • 演奏   N響団友オーケストラ
  • オルガン 椎名雄一郎
  • 独唱   光野孝子(S)
  •      河野克典(Br)
  • 合唱   明治学院バッハ・アカデミー合唱団
  • 2016年6月21日 サントリーホール ライブ録音
  • 定価 2,700円(税抜き)
  • タワーレコード HMV amazon 他各通販サイトにて発売


  • inserted by FC2 system