明治学院バッハ・アカデミーTOP

明治学院バッハ・アカデミー Bach Akademie Meiji Gakuin Tokyo

明治学院バッハ・アカデミー合唱団

2006年ライプツィヒ・バッハ音楽祭  明治学院バッハ・アカデミーは、バッハ没後250年を記念して2000年に設立された。芸術監督はバッハ研究家・指揮者の樋口驤黶B白金の明治学院チャペルを本拠に、2010年まで年間6回の定期演奏会を行ってきた。《マタイ受難曲》(初期稿)のCDは国際的にも注目を集め、それが2006年6月、ライプツィヒ国際バッハ音楽祭での招待演奏へとつながった。合唱団は、明治学院関係者にとどまらず東京周辺在住のバッハ好きたちによって結成され、毎週月曜の夜、島崎藤村も学んだ明治学院記念館で、樋口驤黷フ指導でバッハを歌っている。ポリフォニーの魅力を生かした清澄な合唱は高く評価されている。
2011・12年、サントリーホール・フェスティバルにおける「ウィーン音楽散歩 I・II」に出演。2013年 11月、ベルリンのコンツェルトハウスでの日独合同合唱演奏会「日本の響き・ドイツの響き」、ブリュッセルの王室礼拝堂でのバッハ《マニフィカト》出演で国際的評価を得た。サントリーホールにて、2013年10月バッハ《ロ短調ミサ》、2016年3月バッハ《マタイ受難曲》、2016年6月フォーレ《レクイエム》演奏会を開催。2017年10月にはベートーベン《ミサ・ソレムニス》演奏会を予定している。(指揮・樋口驤黶A副指揮・岡田 章、発声指導・光野孝子、伴奏・栗島和子)

樋口驤黶@(ひぐち りゅういち) [芸術監督・指揮]

樋口隆一 1946年、東京生まれ。音楽学者・指揮者。慶應義塾大学文学部卒、同大学院博士課程中退。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生としてドイツ留学。テュービンゲン大学でG.フォン・ダーデルセンに師事。1979年、バッハのカンタータに関する研究(『新バッハ全集』 I/34)で同大学哲学博士。A.スムスキーに指揮法を師事し、シュトゥットガルト聖母マリア教会で合唱指揮者を務めた。帰国後、音楽学者、指揮者、評論家として多彩な活動を展開。M.ギーレン、若杉弘の助言を得て、1994年、指揮活動を再開。2000年、明治学院バッハ・アカデミーを設立し芸術監督に就任。明治学院チャペルを本拠にバッハを中心とした教会音楽の大作を次々と上演。2006年、ライプツィヒ国際バッハ音楽祭出演。2011〜12年、サントリーホール主催「ウィーン音楽散歩」企画・指揮。2013年、ベルリンのコンツェルトハウス、ブリュッセルの王室礼拝堂で指揮。2014年、サントリーホールでバッハ《ミサ曲ロ短調》を指揮。
『バッハ』(新潮文庫)、『バッハ・カンタータ研究』(音楽之友社)、アーノンクール著『古楽とは何か』(共訳、音楽之友社)、『バッハの風景』(小学館)、『バッハの人生とカンタータ』(春秋社)ほか著訳書多数。バッハ《マタイ受難曲・初期稿》、ベートーヴェン《交響曲第9番》(明治学院サービス)、バッハ《マタイ受難曲・後期稿》(ユニバーサルミュージック)、フォーレ《レクイエム》(オクタヴィア・レコード)等のCDも話題を呼んでいる。2005〜13年、聖心女子大学グリークラブ常任指揮者。現在、明治学院大学名誉教授。DAAD友の会会長。国際音楽学会副会長。1988年、京都音楽賞、1989年、辻荘一賞受賞。2002年、オーストリア学術芸術功労十字章受章。永年のバッハ研究と指揮活動ならびに国際的学術文化交流への功績に対して、2015年7月、ドイツから第2回テオドル・ベルヒェム賞を受賞した。

光野孝子 (みつの たかこ) [発声指導・ソリスト]

光野孝子  島根大学教育学部特別音楽課程卒業。二期会オペラスタジオマスタークラス修了(優秀賞受賞)。第五回藤沢オペラコンクール入選。1997年文化庁芸術インターンシップ研修員。2008年〜2012年ベルギーで行われる声楽マスタークラスを受講。Y. バルテルミ、Z. ファンダスティーネ両氏に師事。オペラではこれまでに《ラ・ボエーム》ミミ、《魔笛》パミーナ、《フィガロの結婚》伯爵夫人、《カルメン》ミカエラなどで出演。またバッハの教会カンタータ、《マタイ受難曲》、《ヨハネ受難曲》、《クリスマス・オラトリオ》、《ロ短調ミサ》やモーツァルト、ヘンデル、シューベルトなど多くの宗教作品でソリストを務めている。現在、明治学院バッハ・アカデミー合唱団、東京バッハ合唱団、國學院大学フェイエルコールなどでヴォイストレーナーを務める。国立国会図書館うたう会、霞ヶ関男声合唱団指揮者。二期会会員。

栗島和子 (くりしま かずこ) [練習ピアニスト]

栗島和子  国立音楽大学ピアノ科卒業。オペラ、合唱、声楽の伴奏者としての活動とともに、チェンバロ、オルガン奏者としてオーケストラとの共演も多い。フランス・ヴェズレーの聖マリーマドレーヌ大聖堂にて、「フォーレ・レクイエム」オルガン演奏し好評を得る。ハンガリー、ドイツ、イタリアなど海外公演に伴奏者として同行し高い評価を得ている。明治学院バッハ・アカデミー合唱団、ソニー・フィルハーモニック合唱団、サウンドブリッジ合唱団、横浜モーツァルト・アカデミー、アンサンブルJ合唱団、西東京合唱団、女声合唱フィオーリなどのピアニストを務める。NHK学園講師。

inserted by FC2 system